ホーム > ブログ > ビジネス > 「選挙情勢報道」に一言

「選挙情勢報道」に一言

「選挙情勢」報道は加熱しすぎ

選挙が始まると「選挙情勢」が各報道機関を通じて「〇党は議席を伸ばす」「〇党は現状維持」「〇〇候補は一歩リード」などが紙面を賑わす。
選挙に興味を持つことは必要かもしれませんが報道が過熱すると選挙に行かなくても「結果」が見えてきます。

選挙結果が不透明なため政策やお人柄を評価し、応援する「支持政党や候補者」に投票するのではないでしょうか。
選挙に行き投票する前に選挙情勢が読めると一人が投票しなくても「結果は同じ」と思われる方の心情も理解できます。

選挙の開票報道も同じです。
開票予測が出た瞬間に「結果に対する興味」1分で覚めてしまいます。
投票した人は「支持政党や候補者」を最後の最後まで応援したいのですが結果が読めると覚めた状態で報道を見ることになります。

あまり、熱心に「選挙情勢」の報道をしすぎている感があります。
結果予測を報道することなく「政党の公約や候補者の姿勢」を重点に報道したほうが良いのではないでしょうか。
その上で、有権者は「政党や候補者」を応援するために投票に足を運ぶのではないでしょうか。
その結果、投票率が上がる。

そのように考える、この頃。

向田社会保険労務士事務所