ホーム > よくある質問 > 工事の解体工事を行うが、発注者として実施すべき事項は

工事の解体工事を行うが、発注者として実施すべき事項は

  • 安全管理その他

国土交通省は解体工事に関するガイドラインのなかで、工事の『発注者及び施工者』を主体に、「解体対象建築物の構造等を事前に調査、把握するとともに、事故防止に十分配慮した解体工法の選択、施工計画の作成を行うこと」
「大規模な建築物の解体工事における事故の影響、責任、解体工事に係る技術の必要性等を十分認識し、関係法令を遵守するとともに適切な契約、施工計画の作成を行うこと」
といった配慮を求めています。

建築当時あるいは改修当時の記録(建屋の設計図や改修工事に関する図面の提出)を発注者が施工者に提出し、発注者と施工者が協力して作業計画書を作り、安全に期することが肝要です。

<もどる