ホーム > 事務所ニュース

事務所ニュース

  • 一人親方等の補償の範囲(1)

    2016年12月17日

    一人親方等が補償の対象になる範囲   建設の事業を行う方及びその事業に従事する方は、次に該当する場合、第二種特別加入者(一人親方等)として、労災保険からの補償を受けることができます。 なお、電気管理技術者及び原…

  • 事務所ニュース12月号

    2016年12月11日

    電通を強制捜査 東京労働局の「かとく」は、女性従業員(当時24歳)が昨年12月、過労などが原因で自殺し、労災が認められました。 この女性社員の実際の労働時間が申告で記録された労働時間を大きく上回っていたことから、他の従業…

  • 「特別加入」の加入・脱退などの手続き期間

    2016年12月03日

    一人親方労災保険特別加入 手続期間 労災保険の「特別加入」に新規で加入する場合、労働局長の加入承認日は これまで「申請の日の翌日から14日以内で申請者が加入を希望する日」でしたが、 平成26年10月1日からは「申請の日の…

  • 同一労働同一賃金(定年後再雇用)判決に思う

    2016年11月23日

    同一労働同一賃金に関する判決 東京高裁は、長沢運輸(横浜市)の定年後に再雇用されたトラック運転手の賃金引下げは違法という訴えに対し、「同じ仕事でも、再雇用後の賃金減額は一般的」という事実を重視して格差を認めた。 労働契約…

  • 事務所ニュース11月号

    2016年11月12日

    1.時間外労働の規制見直し 政府は「働き方改革実現会議」の初会合を開きました。 会議の具体的テーマとして、 時間外労働の上限規制の見直し 同一労働同一賃金 65歳以上の継続雇用・定年延長に取り組む企業への支援 休息時間(…

  • 定年後に有期労働契約で継続雇用される高齢者の特例

    2016年11月04日

    平成25年4月から労働契約法の改正により有期労働契約が5年を超えて繰り返し更新された場合、労働者の申込みにより、無期労働契約に転換するルール(無期転換ルール)が定められています。 無期転換ルールとは、有期労働契約が反復更…

  • 「一人親方」の働き方を判断(2)

    2016年10月27日

    一人親方か労働者かの判断基準(2) 請負としての働き方に近い「一人親方」としては、 「一人親方」ではなく労働者として認められたケース 【CASE1】 水道の修理業務(下請専属契約) ○入社以後、給排水配管等の修理工事に専…

  • 事務所ニュース10月号

    2016年10月10日

    1.地域別最低賃金改定の答申状況 全国平均で25円の引き上げ 全国加重平均額は昨年度より25円高い823円で、最低賃金額が時給のみで示されるようになった平成14年度以降、最大の引き上げ幅となっている。 2.国民生活に関す…

  • 「一人親方」の働き方を判断(1)

    2016年10月09日

    一人親方か労働者かの判断基準 請負としての働き方に近い「一人親方」としては、 「一人親方」として認められたケース 【CASE1】 工務店の工事に従事する大工 ○自分の判断で工事に関する具体的な工法や作業手順を選択できた。…

  • 建設工事の元請下請間等の苦情、トラブル相談

    2016年09月30日

    一般的に、代金支払いが滞る等の場合に拠り所となる法律が「下請法」になります。 しかし、建設業には適用がありません。 そこで「建設業取引適正化センター」をご紹介します。 ■ 苦情の申出、相談できる事項 建設工事の請負契約を…

電話する 0120-417-631(無料) お申込み