ホーム > 被災事例 > 一人親方労災保険【建設】│右肩を強打し打撲した

一人親方労災保険【建設】│右肩を強打し打撲した

  • 被災事例その他

一人親方労災保険活用事例

業種
一人親方

職種
大工

負傷又は発症年月
平成30年7月3日 午後19時00分頃

経験年数
9カ月

 

労災請求様式
療養補償給付たる療養の給付請求書(様式第5号)
休業補償給付支給請求書(様式8号)

災害発生状況及び原因
工場内で冷蔵庫のパネル(2700×900)を組み立てる作業中。
地上でA氏がパネルを垂直に立てるためパネルの上部に鉄パイプ(長さ4000)でパネルをあおっていた。
被災者は高所作業車(高さ2500)の上で垂直になったパネルをねじで固定するため待っていたところへA氏の鉄パイプが外れ被災者の右肩を強打し打撲をした。
痛みをこらえていたが我慢できなくなり病院を受診した。

建設業あゆみ一人親方組合

<もどる