ホーム > 被災事例 > 一人親方労災保険【建設】│外壁材の破片が左目に入る

一人親方労災保険【建設】│外壁材の破片が左目に入る

  • 被災事例その他

一人親方労災保険活用事例

業種
一人親方

職種
現場監督

負傷又は発症年月
令和2年10月5日 午後1時00頃

経験年数
20年

労災請求様式
療養補償給付たる療養の給付請求書(様式第5号)
療養補償給付たる療養に費用請求書(様式第7号)

災害発生状況及び原因
外壁リフォーム工事現場。外壁材の切断作業は必ずシールドをして作業を行うが外壁張りのため地上から一層目に外壁材を持ち上げるときはシールドを着用していないため外壁材の細かい破片が左目に入った。当日は目にごろごろ感があり目にできものができたと思った。日増しに違和感を感じ病院を受診した。

建設業あゆみ一人親方組合

<もどる