ホーム > 被災事例 > 一人親方労災保険【建設】│床材が右手親指直撃

一人親方労災保険【建設】│床材が右手親指直撃

  • 被災事例切れ、こすれ

一人親方労災保険活用事例

業種
一人親方

職種
大工

負傷又は発症年月
令和2年1月12日 午後2時00頃

経験年数
33年

労災請求様式
療養補償給付たる療養の給付請求書(様式第5号)
療養補償給付たる療養の給付を受ける指定病院等(変更)届(様式6号)
休業補償給付支給請求書(様式8号)

災害発生状況及び原因
1階OAフロアー工事現場。OAフロアーに配線を通すため床を丸のこで切断中。丸のこに床材(縦横250mm、厚さ50mm)がひっかかりそうになったため丸のこのスイッチを切り、床材を丸のこからとりのぞこうとした時に丸のこが回転しており床材が右手親指に直撃した。当日は大したことがないと思い作業を終了した。その後痛みが増したが祝日が重なり14日に病院を受診した。

建設業あゆみ一人親方組合

<もどる