ホーム > 被災事例 > 一人親方労災保険【建設】│脚立から床に強く左足をつき骨折

一人親方労災保険【建設】│脚立から床に強く左足をつき骨折

  • 被災事例その他

一人親方労災保険活用事例

業種
一人親方

職種
大工

負傷又は発症年月
平成30年11月21日 午前11時00分頃

経験年数
52年

労災請求様式
療養補償給付たる療養の給付請求書(様式第5号)

休業補償給付支給請求書(様式8号)

災害発生状況及び原因
一般住宅 雨漏りによる天井張り替え作業。脚立(1500㎜ 5段)下から2段目(高さ600㎜)に昇り作業をし、下にある工具を取るために降りようとしたとき普段と使用している脚立と違うため感覚がわからず一段飛ばして床に強く左足をついたため骨折した。違和感があったが痛みがなかったのでしばらく様子を見ていたが痛みと腫れがでて来たため病院を11月30日受診。

建設業あゆみ一人親方組合

<もどる