ホーム > 事務所ニュース > 事務所ニュース12月号

事務所ニュース12月号

電通を強制捜査

東京労働局の「かとく」は、女性従業員(当時24歳)が昨年12月、過労などが原因で自殺し、労災が認められました。
この女性社員の実際の労働時間が申告で記録された労働時間を大きく上回っていたことから、他の従業員にも労使協定の上限を超えて労働させた労基法違反の疑いがあるとして強制捜査を行う運びとなりました。

夏の賞与、前年比2.3%増

毎月勤労統計調査の特別集計結果によると、従業員5人以上の事業所で支給された今年の夏季賞与は、前年と比べて2.3%増加し、1人平均365,008円。
また、30人以上の事業所では、2.4%増の421,513円となった。

この看護休暇「半日」

看護休暇は、小学校就労前の子が1人の場合は1年度に5日まで、2人以上の場合は10日まで取得できます。
半日単位の取得ができるようになると、子が1人の場合でも最大で1年度に10回の半日の看護休暇が取れるようになります。

 

詳細は、

向田社会保険労務士事務所・あゆみ一人親方組合・労働保険事務組合ゆとり創造協会

https://anzen.cc/wp/wp-content/uploads/2016/12/zimushonew2812.pdf