ホーム > ブログ > ビジネス > 平成最後の床屋さんでの会話

平成最後の床屋さんでの会話

何につけても「平成最後」という形容詞が踊ります。
今日は、平成最後の床屋での話題になります。

鏡餅はいつまでに飾るのか?
鏡餅は一般的に12月28日までに飾るもの。
これは、8という数字が末広がりで縁起がいい。
29日は9が「苦しむ」「二重苦」を連想されるため避けられている。
また、12月31日も「一夜飾り」「一夜餅」と言われ歳神様を迎えるには失礼になるため避けましょう。

ちなみに、鏡餅を下げるのは1月11日とされています。
こちらは、ぞろ目で縁起がいいからだそうです。
鏡餅は下げるだけでなく家族で食べるんが良いとされています。

さて、当事務所では仕事納めである「12月28日」に鏡餅を飾ります。
そして、1月11日に鏡餅を下ろし職員に分けて食べてもらいます。

また、大掃除も12月29日は「苦しむ」「二重苦」を連想されるため避けられている。
お正月は、元日には福の神を掃き出すことを避けるために「掃除をしない」「お金を使わない」「喧嘩をしない」「寺や墓に行かない」「洗濯や洗い物をしない」などが言われています。