ホーム > ブログ > 月額63.5万円以上の方は厚生年金保険料が9月から負担増

月額63.5万円以上の方は厚生年金保険料が9月から負担増

月給63万5千円以上の加入者が負担する厚生年金保険料の上限が、9月から引き上げられる。
これまでは実際の月給が60万5千円以上の「62万円」が上限だったが、9月からは63万5千円以上の「65万円」が新たに設けられる。

保険料は標準報酬月額の18・3%を働き手と雇い主が半分ずつ負担する。これまで自己負担の上限額は月5万6730円だったが、今回の引き上げで月5万9475円に増える。
日本年金機構によると、20歳から40年間、新たな保険料の上限額で納める場合、受け取る年金額はこれまでの上限額に比べ、年約8万円増えるという。

参考までに、国民年金(老齢基礎年金) の満額は78万1700円(令和2年)、老齢厚生年金に満額は300万円くらいといわれています。