ホーム > ブログ > ビジネス > 2018年平均年収

2018年平均年収

サラリーマンなど民間企業で働く人の2018年の平均年収が、およそ441万円で、6年連続で増加したことが国税庁の調べでわかりました。
国税庁によると、去年1年間、民間企業で働いた給与所得者の平均年収はおよそ440万7000円で、前の年と比べて8万5000円増え、6年連続の増加となりました。このうち、女性の給与所得者はおよそ2081万人で、平均年収はおよそ293万円と、いずれも過去最高となりました。
去年から配偶者特別控除の対象となる配偶者の合計所得金額が76万円未満から123万円以下に拡大されたことで、女性の就労者数や所得額が増えたものとみられます。
一方で、正社員と非正規雇用の労働者の平均年収の差はおよそ325万円で、調査が始まった2012年から7年連続で拡大しています。

まさに、現在の「景気の勢い」を顕しています。
「消費税が8%から10%に上がることが気にならない人も多くいる」と巷では聞きます。
女性の平均年収が過去最高ということですが社会保険の扶養者の年収を130万円から150万円に引き上げるともっと増えると思います。
最低賃金が上がり長時間働くことが出来ない主婦の方が多いと思います。