ホーム > よくある質問 > 在来型の手法でリスクマネジメントを行いたいが

在来型の手法でリスクマネジメントを行いたいが

  • 安全管理その他

リスクマネジメントは、災害の発生を予見して、問題が発生する前に対処しておくことである。

リスクマネジメントとは、職場に存在する『危険有害要因』を洗い出して、災害に発展するのを防ぐ、あるいは災害発生の可能性を低減させることである。

そうすると『ヒヤリハット活動』も十分に的を射たものである。実際に、この手法を取り入れている事業場では、作業者が実際に体験したヒヤリハット事例を報告させ、必要に応じて改善していくという活動が多いようです。

また、安全パトロールで危険有害要因を洗い出して、事前に対処するものであるため、これもリスクアセスメントに当たる活動といえる。すなわち、安全パトロールに「チェックリストを活用」して作業方法や機械・設備の状態、環境状況の現状確認から問題点を改善する必要がある。

<もどる