ホーム > よくある質問 > 安全標識の色にはどんな区分けがあるのか

安全標識の色にはどんな区分けがあるのか

  • 安全管理その他

『黄』の意味又は目的は『注意』。(使用例:注意標識、クレーン、床面の端など)

『黄赤』の意味又は目的は『危険』。(使用例:危険標識、目盛板の危険範囲など)

『赤』の意味旗は目的は『防火』『禁止』『高度の危険』。(使用例:禁止標識、火薬類の表示、緊急停止ボタンなど)

こうした規格に準じた標識を設置することで、より多くの人が共通の危険を認識できるので、できるだけ統一して全社的に周知徹底する。

<もどる