ホーム > よくある質問 > 過重労働による健康障害予防の対策推進のポイントは

過重労働による健康障害予防の対策推進のポイントは

  • 安全管理その他

時間外労働が100時間を越える労働者が、疲労の蓄積を感じて申し出てきた場合、医師による面接指導を行う必要があります。
したがって、この法に則した対策が必要になります。

つまり、所定労働時間を大きく超過するような仕事をなくすことが、本質的な対策になります。

そこで、会社として健康を害する危険性がある長時間労働を無くす方針を打ち出すことが第一である。さらに必要なのは現場で指揮命令する立場の者の、健康の理解です。現場では、生産性を追うあまり、健康や安全がないがしろにされることを防ぐためにも現場管理者に対する健康教育が不可欠になります。

<もどる