ホーム > お知らせ > 平成30年度改定の都道府県別最低賃金

平成30年度改定の都道府県別最低賃金

厚生労働省は8月10日、平成30年度の地域別最低賃金の改定額をまとめました。改定額の全国加重平均額は874円。昨年度よりも26円の引き上げで、この数字は平成24年以降最大です。最高額は東京都の985円(引き上げ額27円)、最低額は鹿児島の761円(同24円)。

また、東北、中四国、九州などを中心に中央最低賃金審議会の目安額を超える引き上げ額となったのは23県(昨年度は4県)に上ります。
10月1日から10月中旬にかけて都道府県ごとに順次発行予定。

平成30年度地域別最低賃金改定状況

発行年月日が都道府県別に異なります。
かなり、10月1日に統一されてきました。
しかし、未だに都道府県により異なります。
発行年月日を都道府県ごとに異なることに理由があるのか。
早い時期に日本全国の発行年月日が統一されることを望みます。

向田社会保険労務士事務所 建設業あゆみ一人親方組合 労働保険事務組合ゆとり創造協会