ホーム > ブログ > ビジネス > 「小1の壁」を知っていますか

「小1の壁」を知っていますか

「小1の壁」を知っていますか

「小1の壁」があることを知っていますか。
私たちの仕事は「収入の壁」と呼ばれるもので、夫や親の扶養家族でありながらパートやアルバイトをして給与収入が「100万円の壁」「130万円の壁」「150万円の壁」を越えるか否かを気にしています。

「小1の壁」は特に共働き家庭で、子供が小学校に入学すると起きる社会的な問題。
入学すると学童保育では預かり時間が短くなるため、速く帰宅しなければならないなどの理由から、働き方の変更を余儀なくされるワーキングマザーが少なくありません。
長期休暇時の子供の弁当作り、PTA活動などの負担も増える。

確かに、共働き家庭で祖父母がいなければお子様のことが気がかりで残業をせず早く帰りたいという事情がよく分かります。
また、小さい頃はインフルエンザなどの病気になると気がかりで仕事が手につかないこともあると思います。

そんな中で、正社員からパートに金形態を変更を余儀なくされるケースがあると聞きます。
「親子の絆の強さ」をヒシヒシと感じます。
最近は、親子による考えられない残念な事件が報道されることが少なくない。
この絆が子供の成長とともに薄れずにありたいと願う。