ホーム > 事務所ニュース > Page 5

事務所ニュース

  • 事務所ニュース2月号

    2017年02月13日

    1  同一労働一賃金ガイドライン案まとまる 非正規社員にも貢献に応じた賞与支給 ・基本給については、労働者の勤続年数に応じて支給しようとする場合、正社員と同一の勤続年数である非正規社員(有期雇用労働者又はパート労働者)に…

  • 一人親方に関する判断基準(事例2)

    2017年02月11日

    一人親方の労働者性判断事例 (事例2)型枠大工B 1 事業等の概要 (1)事業の内容 中層ビル建築工事 (2)大工の業務の内容 ビルの梁、柱、壁等の形にベニヤ板等により型枠を作成する。当該部分に、生コンを流し込むことによ…

  • 一人親方に関する判断基準(事例1)

    2017年02月08日

    一人親方の労働者性判断事例   (事例1)大工A 1 事業等の概要 (1)事業の内容 住宅建築工事 (2)大工の業務の内容 住宅の床、壁、天井等の建付けを行う。発注者から材料の供給を受けて、当該建築現場内におい…

  • 一人親方に関する判断基準(2)

    2017年02月03日

    1 使用従属性に関する判断基準 (1)指揮監督下の労働 イ 仕事の依頼、業務に従事すべき旨の指示等に対する諾否の自由の有無 具体的な仕事の依頼、業務に従事すべき旨の指示等に対して諾否の自由があることは、指揮監督関係の存在…

  • 建設業における「労働者」の判断基準について(1)

    2017年01月31日

    第1 建設業手間請け従事者について   1 「手間請け」とは 「手間請け」という言葉は、多様な意味で用いられているが、本報告においては、工事の種類、坪単価、工事面積等により総労働量及び総報酬の予定額が決められ、…

  • 残業上限 月平均60時間案

    2017年01月29日

    労働者の残業時間規制 新聞各紙で「残業上限 月平均60時間案」という見出しが賑わっています。 現在、労働者の残業時間は原則として36協定を締結し「月45時間、年間360時間以内」が望ましいとなっています。 この上限を超す…

  • 労働災害が最も多い転倒災害

    2017年01月28日

    労働災害がもっとも多い転倒災害は労災保険の対象となります。 労働災害が最も多いのが転倒災害であることをご存知でしょうか。 平成26年の厚生労働省調査では、 1位 転倒災害 2位 墜落・転落 3位 はさまれ・巻き込まれ 墜…

  • 月額変更届(所定労働時間変動)

    2017年01月25日

    月額変更届(所定労働時間変動)の取り扱い 時給制の従業員の所定労働時間の変更に伴う月額変更届について たとえば、時給900円は変わらないが所定労働時間が6時間から8時間に変更になった場合に月額変更届の必要があるか。 月額…

  • 事務所ニュース1月号

    2017年01月09日

    1.配偶者控除「150万円以下」で決着 所得税の配偶者控除の改正については、控除対象となる配偶者の年収を、現在の「103万円以下」から「150万円以下」に拡大することで決着。合わせて150万円を超えても、「201万円以下…

  • 請負契約に基づく行為の考え方

    2017年01月07日

    請負契約に基づく行為の考え方 第二種特別加入者(一人親方等)として補償を受ける範囲については「請負契約に基づく行為」とされていますが、労務を提供する契約形態には、使用者の指揮命令下の労務提供である「雇用」、仕事の完成を目…