ホーム > お知らせ > 仕事と治療の両立が可能な求人

仕事と治療の両立が可能な求人

「仕事と治療が両立しやすい求人にご理解とご協力をお願いします」

昨日、ハローワークにある1枚のリーフレットに目が留まりました。
そのリーフレットには「仕事と治療が両立しやすい求人にご理解とご協力をお願いします」という見出しがあります。
内容は、がん・肝炎・糖尿病などの治療を受けながら就職活動を行っている方は、
・短期間の治療を繰り返し行っている方
・手術後の治療が一段落し、抗がん剤投与などに伴い通院している方
・2~3か月に1回程度の経過観察による通院を行っている方
がほとんどで、以下のような共通の不安・悩みを抱えて就職活動を行っています。

(共通の不安・悩み)
○十分に働くことができる知識や技術を持っているが、検査のための通院が必要で、月1回、数か月に1回程度の休日が欠かせない。

○経過観察という状態で働くことはできるが、採用してもらえない。

○がんなどの治療を受けていることが、就職に不利になってしまうのではないかと悩んでいる。

○体力の低下や、薬の副作用、後遺症があるなどの状況を理解してもらえないのではと思うと就職活動できない。

○体調維持のため残業ができないが理解してもらえるか不安。

(仕事と治療が両立しやすい求人とは)
○残業が少ない求人

○通院等が可能な休日・休暇設定のある求人(平日休み求人、有給休暇や時間休暇が取得しやすい職場環境の求人)

○軽作業など身体への負担が少ない仕事内容の求人

○希望に応じて勤務時間などの労働条件を柔軟に設定することが可能な求人

○産業医が選任されている事業所の求人 など

そのため、ハローワークに求人を提出される際は、長期にわたる治療などを受けながら就職を希望される方も就労可能な、仕事と治療の両立が可能な求人として募集することに協力してほしい。
という内容になります。

近年、医療技術の進歩や医療提供体制の整備等によって、日本の全がんの5年相対生存率は6割を超えており、社会で活躍されているがん患者の方も増えています。
慢性的な人手不足を緩和するためにも働き方に配慮をして勤務して活躍していただくことは様々な観点から企業の財産になるような気がします。