給付基礎日額

給付基礎日額とは、労災保険の給付額を算定する基礎となるもので、申請に基づいて労働局が決定します。
給付基礎日額を変更したい場合は、事前(3月2日~3月31日)に「給付基礎日額変更申請書」を監督署長を経由して労働局長あて提出することによって翌年度より変更することができます。
また、労働保険の年度更新期間中にも「給付基礎日額変更申請書」により当年度に適用される給付基礎日額の変更が可能です。
ただし、災害発生前に申請することが前提になります。給付基礎日額変更申請書を提出する前に災害が発生している場合は、当年度の給付基礎日額変更は認められませんので、給付基礎日額の変更を検討されている方は、事前の手続きをお勧めします。

保険料

年間保険料は、保険料算定基礎額(給付基礎日額×365)にそれぞれの事業に定められた保険料率(表参照)を乗じたものとなります。
保険料率は、建設業・製造業・サービス業等で異なります。
なお、年度途中で、新たに特別加入者となった場合や特別加入者でなくなった場合には、その年度内の特別加入月数(1ヶ月未満の端数があるときは、これを1ヶ月とします)に応じた保険料算定基礎額により保険料を算出します。

給付基礎日額・保険料一覧表

給付基礎
日額
年間保険料
例)建設事業
の場合
保険料率11/1000
例)既設建設物
設備工事業の場合
保険料率15/1000
例)食料品製造業
の場合
保険料率6/1000
例)医療業
の場合
保険料率3/1000
25,000円 100,375円 136,875円 54,750円 27,375円
24,000円 96,360円 131,400円 52,560円 26,280円
22,000円 88,330円 120,450円 48,180円 24,090円
20,000円 80,300円 109,500円 43,800円 21,900円
18,000円 72,270円 98,550円 39,420円 19,710円
16,000円 64,240円 87,600円 35,040円 17,520円
14,000円 56,210円 76,650円 30,660円 15,330円
12,000円 48,180円 65,700円 26,280円 13,140円
10,000円 40,150円 54,750円 21,900円 10,950円
9,000円 36,135円 49,275円 19,710円 9,855円
8,000円 32,120円 43,800円 17,520円 8,760円
7,000円 28,105円 38,325円 15,330円 7,665円
6,000円 24,090円 32,850円 13,140円 6,570円
5,000円 20,075円 27,375円 10,950円 5,475円
4,000円 16,060円 21,900円 8,760円 4,380円
3,500円 14,047円 19,155円 7,662円 3,831円